気ままにスナップ

関東を中心とした、気ままに撮影した鉄道写真と話題を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

閉じられた地上への出口または入り口

西馬込駅から都営地下鉄旧馬込検修場への出口付近の現況です。 アスファルトで固められた連絡線跡が往時を忍ばせてくれます。 コンクリートで固められた奥はどうなっているのでしょうか・・・。







スポンサーサイト
  1. 2009/10/18(日) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

東京都交通局馬込車両検修場跡地 その2/2

巨大な門扉のみが遺構として残存しています。 綺麗に整地された跡地を見る限り、ここに鉄路があったことを創造することは出来ないかもしれません。 ゲージの幅も違いますが、奥に見える横須賀線との連携も考えられていたのでしょうか・・・。 現在は某学園の敷地となっているようです。 少子化のなかで旨味のあるとは思えない教育産業ですが、跡地の利用方法には目が離せないでしょう。

門扉が印象的


土地の所有権は移転された模様

Location:Near TMG Nishimagome terminal
Date:2009/09/27


  1. 2009/10/05(月) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

東京都交通局馬込車両検修場跡地 その1/2

この場所が稼動している時代に訪問した記憶はありません。 地元の方には申し訳ないですが、地下鉄の端末駅に当時は特段の用は無かったわけです。 それは現在でも似た様なものかもしれません。 風の噂に都会に廃線跡があるというので出かけてみました。 西馬込駅を下車して、目的地を探索・・・。 大げさでも無く、極めて容易に見つけることが出来ました。 地方では、土に帰るというか廃線で線路が撤去されると草木が繁茂し、廃線跡を探索するのは容易ではありません。 しかし、都会ではその跡がくっきり分かります。 まあ、廃線探索の難易度はランクがつけようが無いほど簡単。 人家があるか無いかの違いです。

地下部から地上に出てくる連絡線の跡地
遠方に新幹線や横須賀線等が見えます。


砂利が確認できます


この辺りは未だ売却されていない模様

Location:Near TMG Nishimagome terminal
Date:2009/09/27


  1. 2009/10/03(土) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

都会に残る軌道(跡)

偶然見つけた都会に残る軌道。 これが目的でぶらぶらしていたわけではありませんが、見つけたときには「何これ?」です。 場所は下記参照願います。 軌道は踏切の所で途切れています。 用途は不明ですが、画像左側が工場だった様ですので、行程を結ぶトロッコが走る一種のコンベアだったようです。 なお踏切名称はEJRCとKHKで異なりますので、ご注意ください。

軌道脇を通過するKHK列車


踏切付近の軌道開始(or終端)部



Location:See upper image
Date:2009/09/19


  1. 2009/09/22(火) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

所沢車両工場への引き込み線の跡地

西武鉄道(株)所沢駅から同社所沢車両工場への引き込み線の跡地が僅かではありますが残っています。 所沢駅から雑草に覆われ、それとなくわかるRでカーブする痕跡。 再開発の名の下に少しずつ痕跡は消えていくようです。

所沢駅ホームから旧車両工場方面


旧車両工場側道路より所沢駅方面

Location:Near Tokozawa station


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/20(日) 00:00:00|
  2. 廃線遺構
次のページ

プロフィール

太郎おじさん

Author:太郎おじさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

Site Meter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。