気ままにスナップ

関東を中心とした、気ままに撮影した鉄道写真と話題を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふるさと銀河線 2つの置戸駅開駅之碑

置戸駅には2つの新旧開駅駅碑がありました。 
ふるい方には、「置戸駅開業明治44年9月25日」と彫り込まれ、真新しい御影石の石碑に「管内最初明治四十四年開駅之碑」の文字を見ることが出来ます。開業当時の石碑は小さな物ですが、当時の沿線の方々の開業に込めた思いが伝わって来るかのようでした。

置戸駅
Location:Oketo station
Date:2005/09/27



スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

真岡鐵道折本駅に残る国鉄時代の財産標

折本駅の待合室として残存する駅舎の一部には当時の建物財産標が取り残されたように掲示されています。 大正15年の年号を見ることが出来ます。見た目はもっと新しそうに見えますが、丁寧に使用している賜でしょうか。

財産標
折本


待合室のみが残存しています。
折本
Date:2007/06/17

  1. 2007/06/29(金) 00:00:00|
  2. EJRC

ふるさと銀河線 上利別駅

旧国鉄池北線時代の駅舎が残り、無人駅になったとは言えかつての栄華を今に伝えていました。 誰も居ない待合室では、明るい初秋の日差しが差し込み、ほのかに近隣の製材所の木々の香りが満ちていました。

上利別
Date:2005/09/27

[ふるさと銀河線 上利別駅]の続きを読む
  1. 2007/06/28(木) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

真岡鐵道C1266客車入れ換え音源

真岡鐵道真岡駅のエスエルもおか号の入れ換え音源を掲載します。 リンク先ファイル容量は377Kbyteです。 通常は蒸気機関車による走行ですが、真岡駅から下館駅まではディーゼル機関車に依る回送運行となります。 今回は回送列車の編成のためディーゼル機関車と蒸気機関車の汽笛による連携の一部の音源となります。 画像をクリックするとダウンロードを開始し、終了後再生します。 再生時の音量にご注意をお願い致します。

真岡鐵道蒸気機関車

Location:MRC Moka station
Date:unknown



  1. 2007/06/27(水) 00:00:00|
  2. 真岡鐵道真岡線

東武鉄道明神駅開設記念碑

昭和4年11月1日(EJRC下野大沢駅と同じ日!)に開設された明神駅の開設の顛末が記載された開設記念碑です。 記念碑の建立は昭和32年ですが、石碑自体の傷みは結構進んでいるようです。 石碑の建立と同時期に植樹されたと思われる木が見守るようにそびえ立っています。 碑文によると、ここ明神駅は敷地の寄付によって設置されたそうです。 駅の利便性が向上し、駅の存在など当たり前の事象になっていますが、もう一度先人たちの苦労をこういった石碑などを通して見直す必要がありそうです。

東武鉄道 明神駅
Location:TRC Myoujin station
Date:2007/06/17



東武鉄道 明神駅


  1. 2007/06/26(火) 00:00:00|
  2. その他民鉄

EJRC下野大沢駅開駅記念碑

ずーと存在に気が付かなかったのが日光線の下野大沢駅開駅記念碑です。 何回か下車しているのですが、それですら気が付きませんでした。 駅から日光よりに少し歩かなければ行けませんので見逃していたようです。 昨年日光から帰りの車窓から、「あれ?」と思う姿が見えましたので、今回、立ち寄ってみました。
 日光線では、下野大沢駅のみが日光線の開通時(明治23年)とは異なった時期(昭和4年11月1日)に開駅されています。 この辺の開駅時の事情が石碑に記載されています。 詳しくは,現地にてご自身により,ご確認をお願い致します。

部分
日光線下野大沢駅


全景
日光線下野大沢駅
Location:EJRC Nikko line Shimotsukeosawa station
Date:2007/06/17


  1. 2007/06/25(月) 00:00:00|
  2. EJRC

東武鉄道楡木駅開設記念碑

東武鉄道楡木駅開設記念碑は昭和7年7月に建立された物のようです。 正面には、当時の社長根津嘉一郎の書になる揮毫文がありますが、不思議なことに裏面には記載する場所は確保されているのに昭和7年7月建立の文字のみ彫り込まれてるだけです。 何度も摩耗を疑ったのですが、初めから彫り込まれていなかった様です。 何故・・・。 他の駅のには経過が丁寧に記載されているのですが・・・。 理由はあるんでしょうけど不明ですね。

正面
東武楡木駅


裏面
東武楡木駅

  1. 2007/06/24(日) 00:00:00|
  2. その他民鉄
  3. | コメント:0

保存進む東武鉄道旧下小代駅駅舎

東武鉄道日光線旧下小代駅駅舎は地元有志の方々のご尽力により保存作業が順調に進んでいる模様です。 旧駅舎位置での存続が一番相応しかったのでしょうが、諸事情で近傍の位置へ移動し安住の地となった模様です。 新駅舎も同線の他の駅に比べると周囲に配慮した駅舎となっているようです。

下小代
Location:TRC Shimogoshiro station
Date:2007/06/17


[保存進む東武鉄道旧下小代駅駅舎]の続きを読む
  1. 2007/06/23(土) 00:00:00|
  2. その他民鉄

定点観撮 旧榎本駅施設

鹿島鉄道旧榎本駅施設も解体廃却撤去へと着手していました。 他の旧鹿島鉄道施設と異なってこちらの予算元は国の予算(=国民の税金)を使っての撤去作業のようです。 油送が終了してから相当期間が過ぎてからの廃却撤去作業ですが、固定資産廃却期間と設備廃却の事務手続きが一致できなかった事に依るのでしょうか・・・。 

画像の掲載は終了させて頂きました。
  1. 2007/06/22(金) 00:00:00|
  2. 鹿島鉄道

建て替え進む東武日光線旧駅舎 合戦場駅

開業当時の駅舎が残っていた東武鉄道日光線沿線ですが、立て替えが進められているようです。 合戦場駅も味わいのある駅舎でしたが、5月末頃にプレハブ小屋のようなシンプルな駅舎へと変わっていました。 乗降車駅証明書の発券機は紙切れ、駅前の切符販売所はお休みと・・・。こういう場合は、どうやって乗車すれば良いのでしょう・・・。

東武合戦場

  1. 2007/06/21(木) 00:00:00|
  2. その他民鉄

定点観撮 旧榎本駅駅舎

綺麗?さっぱりした旧榎本駅跡地です。 油槽所跡地の一部は既に分譲住宅地へ変貌していますので、この跡地も大きく変わるかも知れません。

画像の掲載は終了させて頂きました。
  1. 2007/06/20(水) 00:00:00|
  2. 鹿島鉄道

12系客車列車快走

恒例化された感のある水郡線の12系を利用した客車列車が本年も運行されました。 今年は沿線の雑草の除草が行き届いていたようです。 朝も早くから沿線は撮影ためのファンの姿を見ることが出来ました。

12系
Location:Near EJRC Sugun Line Teruda crossing
Date:2007/06/17


  1. 2007/06/19(火) 00:00:00|
  2. 水郡線

ふるさと銀河線 休むマルタイ

長大な路線をもつ「ふるさと銀河線」では線路保守車も複数台常備されていたようです。 展望台を持つ足寄駅で見かけたマルタイもその1台でした。

足寄駅のマルタイ
Location:Ashoro station
Date:2005/09/27



足寄駅のマルタイ
Location:Ashoro station
Date:2005/09/26


  1. 2007/06/18(月) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

定点観撮 旧玉造町駅

旧鹿島鉄道旧玉造町駅もいつの間にか更地にと変わりました。 大きな立木さえも伐採されています。 廃線になり、かつての駅としての名残は表面上消え去ったかのようです。 当てもなく客待ちをするタクシーの姿が寂しさを増していました。

画像の掲載は終了させて頂きました。
  1. 2007/06/17(日) 00:00:00|
  2. 鹿島鉄道

津軽鉄道が漫画で登場

津軽鉄道が漫画化され、小学館発行のビッグコミック増刊号6.17から連載が開始されました。 題名は「ちゃぺ!」-津軽鉄道四季ものがたり-。 これが元で津鉄への注目が更に高まればと思います。

芦野公園
Location:TRC Ashinokouen station
Date:2004/07/21


  1. 2007/06/16(土) 00:00:00|
  2. 津軽鉄道

鹿島臨海鉄道7000系潮来直通運行

6月のあやめまつりの時期に合わせ、恒例化された感のある7000系を利用した潮来乗り入れ直通列車が本年も運行されています。 6/16,17の両日も運行されます。 6000系と7000系の混結シーンも貴重ですが、個人的には7000系が「快速」として跳ばす姿の復活シーンも見てみたい気がします。

はまなす号
Location:Near Tokusyuku station
Date:2007/06/10


  1. 2007/06/15(金) 00:00:00|
  2. 鹿島臨海鉄道

ふるさと銀河線マルタイ進行

ふるさと銀河線では、廃線を控えていても線路の保守作業は続けられていました。 分線駅周辺の撮影していると、聞き慣れないスピーカーからの警告アナウンスと共に黄色い車体が姿を現しました。 ダイヤ上は列車など来ないはずですが、こんな時間に・・・。 マルタイが白昼堂々作業する姿を見たのは、これが最初で最後となっています。

銀河線のマルタイ
Location:Near HCRC Bunsen station
Date:2005/09/27


銀河線のマルタイ
Location:HCRC Kawakami station
Date:2005/09/28



  1. 2007/06/14(木) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

草津駅界隈

鮮やかな旧国鉄色の列車が健在でした。 4両編成と往時の長さには足りませんが雰囲気を楽しむには十分です。 草津線ホームには良く見ないと見落としてしまいますが、開業当時の煉瓦積等も残っているようです。

草津線国鉄色
Date:2007/04/23

[草津駅界隈]の続きを読む
  1. 2007/06/13(水) 00:00:00|
  2. WJRC

ふるさと銀河線 塩幌駅

ふるさと銀河線の近隣道路から最も行きにくい駅がこの塩幌駅。 カーナビがサジを投げ、地図と感で、何とかたどり着けることが出来ました。 周囲には離農した酪農家の廃屋があるだけ。 個人的には、銀河線の最秘境駅です。 典型的な「乗降場」形式の駅。 駅舎、待合室はありませんが、駅前広場には自転車置き場の様な廃屋が残っていました。

ふるさと銀河線 塩幌駅
Date:2005/09/27

[ふるさと銀河線 塩幌駅]の続きを読む
  1. 2007/06/12(火) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

定点観撮 旧鉾田駅駅舎

旧鹿島鉄道旧鉾田駅駅舎は2007/06/07頃から解体工事に着手されました。 6/10(日)は工事がお休みですが、解体は最終段階に入っているようでした。

鉾田駅解体

  1. 2007/06/11(月) 00:00:00|
  2. 鹿島鉄道

祝?日本一長い駅名への復帰

鹿島臨海鉄道「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅が、5月21日、一畑電鉄「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前」駅(松江市)の「松江イングリッシュガーデン前」への改名に伴って、日本一長い駅名の駅へ復帰しました。 一畑電鉄の駅名板は見たことがないので何とも言えませんが、鹿島臨海のものは、他の駅のサイズと異なり撮影に苦労した記憶があります。

長い名前
Date:2003/10/19


列車内から見る最新画像
長い名前
Date:2007/05/05

  1. 2007/06/10(日) 00:00:00|
  2. 鹿島臨海鉄道

茨城交通湊線は夜間輸送も盛況です

最近廃止になった鹿島鉄道鉾田線や日立電鉄線は、夜間になると車内に乗客の姿は無く寂しい路線でした。 これに対して茨城交通湊線は、終列車間際でも相当数の方が乗車され活況を呈しています。 存続運動も大きく盛り上がっているのも頷けます。

盛況
Location:Nakaminato station
夜間構内撮影許可済み

  1. 2007/06/09(土) 00:00:00|
  2. 茨城交通

定点観撮 旧岡田駅構内踏切付近から

掲載終了
  1. 2007/06/08(金) 00:00:00|
  2. 日立電鉄

運転手さんも大変ですね

京阪京津線の運転手さんは、ひょっとして日本一過酷な運転をしているのかもしれません。 併用軌道での運転は端から見ても、とても神経を使っているようです。 京滋の山越えを過ぎると、今度は地下に潜りと、並の技量では運転できません。 でも、乗りごごちは文句なし。

浜大津

Location:Near KERC Hamaotsu
Date:2007/05/13



浜大津

Location:Near KERC Kamisakaemachi
Date:2007/05/13


  1. 2007/06/07(木) 00:00:00|
  2. その他民鉄

茨城交通マルタイの兄弟機

茨城交通のマルタイ稼働を取り上げましたが、数年前までは同型機2両の姿を見ることが出来ました。 現在の状況については不明ですが・・・。 1両は旧北海道ちほく高原鐵道銀河線川上駅、もう一両は同足寄駅構内に留置されていました。 このうち川上駅に留置されていたマルタイは白昼堂々と稼働する姿をとらえていますので、機会があれば掲載します。

朋友
Location:HCRC Ginga Line Kawakami station
Date:Unkown


  1. 2007/06/06(水) 00:00:00|
  2. 北海道ちほく高原鉄道 銀河線

バス停に残る茨城交通大子営業所

既に茨城交通は撤退し、現在は茨交県北バスが運行を継承しています。 しかしながら、本来なら見られなくなっている「茨城交通」の標記は街歩きをしていると、何カ所かに残存している様です。 思わず、タイムスリップでしょうか・・・。

亡霊
Date:2007/05/19

  1. 2007/06/05(火) 00:00:00|
  2. 茨城交通

京阪石山坂本線松ノ馬場駅

京阪石山坂本線松ノ馬場駅は、ちょっと変わった駅です。 この駅(駅員無配置)の石山寺駅方面ホームには乗車券販売機がありますが、坂本駅方面のホームにはありません。 こちらには「発駅証明書」の発券機のみが置いてあります。 まあ隣の駅までですので、乗車券販売機を設置して、現金の回収などの手間を考えれば妥当な処置かもしれません。 EJRC等では「乗車駅証明書」と称呼するのが一般的ですが、京阪では「発駅証明書」と称呼しています。

松ノ馬場
Date:2007/05/13

  1. 2007/06/04(月) 00:00:00|
  2. その他民鉄

見栄を張らなくても良いでしょうに・・・。

JR東日本キヲスクが営業していた石岡駅のそば屋は05/15(火)に営業を終了しましたが、表示は何故か「準備中」の表示。 ぱっと見には「準備中」に目が行きますから、”営業終了”の表示には気が付きません。 一種の目くらましですね。

石岡駅の凋落
Date:2007/05/17

  1. 2007/06/03(日) 00:00:00|
  2. 常磐線

貴重マルタイ警笛音源

貴重なマルタイの警笛音源を掲載します。 何度か茨城交通湊線のマルタイを撮影していますが、深夜のため近隣への配慮からか、警笛音を聞くことはありませんでした。 今回は、記録中のデジタル録音機で偶然採取に成功しましたので一部を公開致します。 spectrum画像をクリックするとダウンロード後再生を開始致します。

・音源採取地点 茨城交通(株)那珂湊駅構内
・採取車輌   マルタイ
・音源採取方向
        左側:勝田方
        右側:阿字ヶ浦方
・音源までの距離 約1.5meter
・掲載音源形式 Mp3 Stereo(16bit44KHz)
・音源容量   402KB
・再生時間   25.634秒
・録音時形式  24Bit PCM WAVE

※ ちょっと拍子抜けするかもしれません・・・。

Multiple Tie Tamper Diesel Engine Sound Spectrum
マルタイ





Multiple Tie Tamper Diesel Engine Sound Wave
マルタイ





  1. 2007/06/02(土) 00:00:00|
  2. 茨城交通

京都駅の意味不明な埋設標

歴史ある京都駅のホームを歩いていると、意味不明な埋設標に遭遇。 列車の停車位置を示すものの様ですが詳細は不明です。 他の駅では見たことがありません。 京都駅だけに存在している記号かもしれませんね・・・。

埋設標
Date:2007/05/13

  1. 2007/06/01(金) 00:00:00|
  2. WJRC

プロフィール

Author:太郎おじさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

Site Meter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。