気ままにスナップ

関東を中心とした、気ままに撮影した鉄道写真と話題を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小机駅旧ホーム

横浜線開業100周年イベント開催時に訪問した小机駅の下りホームの八王子方には使用されなくなったホームが残っています。 旧車両規格の時代に使用されていたものと思われますが、残置されている理由はわかりません。 

小机
Location:Kozukue station
Date:2008/09/23


小机を出発し北上する記念ヘッドマークつき列車
小机


スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 00:00:00|
  2. その他

大きな大きなクレーン車

これは大きい60トンクレーン車。 タイヤはタイヤでもゴムタイヤではなく鉄のタイヤを履いてます。「Super Beetle」という愛称のみが描画されていますが型式などは認知できませんでした。 車両の性格からして、昼間の走行は見られそうもないようです。

クレーン車
Location:Unknown( Kanagawa pref. )
Date:2008/09/28



  1. 2008/09/29(月) 00:00:00|
  2. EJRC

嵐電とコスモス

嵐電というと「桜」が有名ですが、意外とコスモスも似合います。 コスモスの近くには変わった朝顔も咲いていました。 これらの花は自生ではなく、丁寧に手入れされた花々とのこと。 手入れをされている方と撮影のために列車待ちをしながら暫し園芸談義。 場所は非公開としますが、列車に乗ればすぐ分かる場所です。


コスモス
Location:Unknown
Date:2008/09/27


  1. 2008/09/28(日) 00:00:00|
  2. その他民鉄

地味ですが、なかなかの好企画

菊名地区センターで横浜線開業100周年記念関連事業が開催されています。 地味なため訪問される方が少ないのが残念ですが、内容的には貴重な写真が多数展示されています。



Location:Near Kikuna station
Date:2008/09/23


  1. 2008/09/27(土) 00:00:00|
  2. その他

鶴見臨港鉄道矢向延長線買収の痕跡

鶴見駅山側に鶴見臨港鉄道が矢向延長のために買収した痕跡が残っているようなのでぶらっと出掛けてみました。 買収されたのは鶴見駅から森永の辺りまでと言うことでした。 豊岡歩道橋から鶴見方を見ると石積みがその痕跡を残していました。 これで痕跡も終わりかなと思って矢向方を振り返って見ると、買収された予定線路の痕跡が残っているではありませんか!



線路幅に沿った建物が残っていました。 一番の判断材料は、隣家との境界が道路に対して直角でないこと、そしてその境界上に多くの建物が並んでいることでしょうか。



矢向までの延長予定線跡は点線に沿って森永の工場まで続きます。 地方ではこのような痕跡は畑や区画整理で消滅しますが、権利が複雑に入込む都会では容易に消滅せず、いわゆるトワイライターには格好の材料を提供してくれます。 都会の廃線跡予定線跡の探索は、地方のそれよりは容易なようです。


Location:Near Turumi station
Date:2008/09/23

  1. 2008/09/26(金) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

設備だけ充実してもねえ・・・。

暫く訪問していなかった、水戸線笠間駅へ出かけてみました。 立派な時刻表示機や待合室が設置されていて驚きました。 EJRCは設備にお金を「投資」として?掛けているようです。 でも利用者は歓迎しているようには思えません。 ハードの整備にお金は掛けませんが、接客サービスは全く無視し、みどりの窓口を閉鎖し続けています。 本当に必要な利用者が欲するサービスに背を向けている姿勢には疑問を感じます。

完全閉鎖のみどりの窓口


利用者の居ない待合室


Location:Kasama station
Date:2008/09/21



  1. 2008/09/25(木) 00:00:00|
  2. 水戸線

祝 横浜線開業100周年@小机駅

9/23(火)横浜線開業100周年のイベントが小机駅で開催されたので出かけて見ました。 地元の方をして、(小机駅に)こんなに人が居るところを見たことがない、というぐらいの盛り上がりを見せていました。 記念グッズ系と記念食品系の並ぶ場所を分けたところまでは良かったのですが、多分想定以上の集客で担当者は大汗だった模様です。 運営の不手際を怒っている「マニア系」の方も見受けられましたが、あくまでもお祝い事ですので、楽しむぐらいの余裕が欲しいですね。 

小机駅の祝賀横断幕
横浜線

橋上駅舎内のテープカット前の式典会場
横浜線

来場者多数の会場
横浜線
Date:2008/09/23



  1. 2008/09/24(水) 00:00:00|
  2. EJRC

鶴見臨港鉄道軌道線鶴見川停留所跡

昭和13年に廃線になった路線で痕跡は殆ど残っていません。 私が所有する「新大横濱市全図」の記載が最晩年であろうと思われます。 横須賀鎮守府の検閲を受けているにもかかわらず、この地図には本山前という駅名が2箇所記載され、京急鶴見が鶴見と記載されていたり疑問の付く地図ではあります。 戦時に対応すべく敵が混乱しやすいよう「わざ」と間違えたのかもしれません。

鶴見川停留所推定位置


上画像の撮影方向は黒→

昭和9年10月 横須賀鎮守府検閲済 昭和12年3月5日發行
新大横濱市全図より部分
原図:本ブログ記述者所蔵品

  1. 2008/09/23(火) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

終わりの始まりへ

京急三崎口は終点から先のほんの少しだけ伸びたところで途切れています。 延長計画もある(あった)ようですが、進捗は目に見えません。 三崎方面へバスでのピストン輸送するところを見ると、延長されていたら、ひょとしてもっと観光客が来るかもしれない、と思うのは私だけかもしれません・・・。

三崎口駅から見る延長方向


陸橋から見る延長予定方向


クラシカルな駅名表示機

Date:2008/09/06

  1. 2008/09/22(月) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

敗戦遺跡としての国道駅

不勉強で最近まで知らなかったのですが、鶴見線国道駅に米軍による機銃掃射の痕跡が残っているということで見学してみました。 貴重な敗戦遺跡で、保存が望まれます。 とは言っても、なぜ戦争になったのかの詳細な理由を隠蔽する国家ですので、保存もされず取り壊されていく事でしょう。 「敗戦」という文言を「終戦」という言葉で置き換えられている限り、国家として国民に対する真の反省はありません。

総持寺駅跡
Location:Kokudo station
Date:2008/09/15

  1. 2008/09/21(日) 00:00:00|
  2. EJRC

もうひとつの神武寺駅

京急神武寺駅の傍に立地する米軍の駅舎。 こちらは「JINMUJI STAION」で和名は? 稼働時間帯に目隠しがしてあるところを見ると最近は休止状態なのかも知れません。

シンプルな駅舎


お決まりの警告文多数

Location:Near Jinmuji station
Date:2008/09/06


  1. 2008/09/20(土) 00:00:00|
  2. その他

3線軌道とギャラリー号

標準軌道と狭軌の差は歴然ですね。 改軌の英断が今になって生きています。 さて、EJRCに国土交通省から改善命令が出ていますが、EJRCの社員を京浜急行電鉄で研修させては如何でしょうか? 普通列車の運転手が、ホームで停車中に快特などの通過列車の安全確認をする姿を見たらびっくりすることでしょう。 社員のモチベーションと意識に天と地の差があります。


Location:Mutsuura station
Date:2008/09/06



  1. 2008/09/19(金) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

2つの総持寺駅跡

京急本線と鶴見臨港鉄道軌道線の総持寺駅跡は隣接していますが、遺構としての痕跡は殆ど認知することが出来ません。 京急本線の総持寺駅跡は高架化により消滅した模様。 鶴見臨港鉄道軌道線の総持寺駅跡は公園になっています。 定住者が殆どの地方都市と異なり、人の移動が多い都市部では、聞き取り調査も無意味で何ら手がかりらしきものを得ることは出来ませんでした。

京急本線の総持寺駅跡(左側が花月園前駅方)
総持寺駅跡

鶴見臨港鉄道軌道線の総持寺駅跡(右側が京急本線)
総持寺駅跡
Date:2008/09/15

  1. 2008/09/18(木) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

鶴見線(鶴見臨港鉄道)本山駅跡

正確には「廃駅」でしょうか。 鶴見線乗車時に列車から見ることが出来ますが、1980年8月横浜市により建造された、総持寺こ線人道橋からも見る事ができます。 ホームの笠石の風化は甚だしいようですが、階段は形態を留めているようです。

総持寺こ線人道橋からみる本山駅ホーム跡(拡大画像)


旧駅の傍を東海道線が通っています。


嘗ての駅入り口(半円の部分)は埋められています。
本山の由来は大本山から・・・。

Location:EJRC Soujiji crossing
Date:2008/09/15


  1. 2008/09/17(水) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

祝 横浜線開業100周年

ほとんど利用することのない線区ですが、100周年記念事業が開催されているということで出かけてみました。 車両にはヘッドマークを付けて走行しています。 遭遇できる確率は6/27だそうです。 1編成のみ遭遇。 


東神奈川
Location:Higashikangawa terminal
Date:2008/09/15


町田市はまちだ中央公民館 6階 視聴覚室で「原町田周辺・今昔写真展と横浜線100周年関連写真・関連グッズの展示」 貴重な写真が多数展示されています。 定点観測の形で丁寧な展示です。 リーフレットなどが用意されていなかったのがとても残念です。 9/23まで開催。
中央公民館は普通のビル群の一角なので、よく探さないと分からないかもしれません。 この他、1日だけですが相模原市の図書館でも開催されていました。 


東神奈川

展示の様子(許可を得て撮影)
東神奈川
Date:2008/09/15



  1. 2008/09/16(火) 00:00:00|
  2. EJRC

バス停に残る旧駅名

京急の汐入駅は、現行駅名になる前に各種駅名を変遷しています。 「汐留」もその一つです。 東京都内の汐留とは同名異地。 横須賀港周辺で、お船の写真を撮影するためにぶらぶらしていたら、偶然バス停に旧駅名の「汐留」を見つけました。


現行駅名板


バス停の名称に残る汐留。


京急21号隧道に残る「汐留」表記
徒歩所要時間10分ですが絶対に立ち入ってはいけません。

Date:2008/09/06

  1. 2008/09/15(月) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

使用中?使用中止?

踏切名称は明示されていますが、稼働している様子はありません。警報機はありますが遮断機はありません。 果たして連絡すべきなのでしょうか?

踏切名称板


通常警報機は進行方向左側に設置されることが多いようですが・・・
白矢印部には線路の平面交差が残ります。

画像右側がEJRC田浦方となります。
Location:Near EJRC Taura
Date:2008/09/06




  1. 2008/09/14(日) 00:00:00|
  2. その他

CARNEGIE STEEL co.

廃線なのか、まだ現役なのか、わけの分からない橋梁です。 場所は”横須賀集客促進実行委員会”作成「よこすか歴史散歩スカップ3」に掲載されていますのでこちらを参照してください。 旧国鉄田浦駅徒歩約5分。 このような遺構が公知の事実として掲載されるのは貴重です。 この橋梁は川崎造船所大正6年建造。 原材料はなんと、CARNEGIE STEEL co. と製造銘板に記載されていました。 当時の日本の国力では、橋梁用の鋼材すら自前で製造できなかったようです。 占領軍はこの銘板を見て小躍りしたかもしれません。





Location:Near EJRC Taura station
Date:2008/09/06


  1. 2008/09/13(土) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

US GOVERNMENT PROPERTY


日本国内の治外法権ですか・・・。


写真を撮っているだけで逮捕されそうでした・・・。
執拗に尾行されていたのは気のせいかもしれません。


  1. 2008/09/12(金) 00:00:00|
  2. その他

powered by SIEMENS

名車でしょうか。 というか、京急本線で走ることが出来て、性能を発揮できている事が大きいのかもしれません。 線路の保守技術、列車運行のための技術、京急の持つ総合力が他を圧倒している証拠でしょう。 横浜を出発して川崎を目指す快特の圧倒的な加速力と巡航時の安定性は見事の一言。 普通料金ではもったいない気がします。 日本の技術では、まだまだSIEMENSに追いついていないのかもしれません。 ナイキスト線図が久し振りに見たくなりました。

SIEMENCE

SIEMENCE
Location:Misakiguchi terminal
Date:2008/09/06


SIEMENCE
Location:Kitashinagawa 1st Crossing
Date:2008/05/06


  1. 2008/09/11(木) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

ここまでしなくてもいいのに

撮影地は日本です。 英文の警告に違和感を覚えますね。 通常は日本国民向けの警告ですが、母国語民に向けての警告なだけ、まだましかもしれません・・・。



Date:2008/09/06

  1. 2008/09/10(水) 00:00:00|
  2. その他

予想外の2ショット

撮ろうとして取れる2ショットではありません。 事前に下調べをした訳でもでもないのですが、偶然ホームで移動準備中に列車はやってきました。 こんなことってあるんですねえ・・・。 西武と京急ラッピング車両の2ショット。


Date:2008/09/06

  1. 2008/09/09(火) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

新造でもないのに・・・

西武鉄道の車両が山の中のとあるところに留置されていました。 ゲートの向こうで立ち入り出来ませんが厳重にガードマンが警戒に当たっているところを見ると・・・、いったい何があるのでしょうか。 車両の進行方向は途中でスイッチバックしたりして一方向ではなさそうです。




Date:2008/09/06

  1. 2008/09/08(月) 00:00:00|
  2. その他民鉄

貴重な3線軌道(軌条)

京浜急行逗子線の3線軌道を訪ねてみました。 ありそうで、なかなか見ることの出来ない物件です。 金沢八景駅から逗子線の下り線のみ3線軌道になっているようです。 稼動していないのかと思いきや、この画面左側には他社線の車両なども見られることから、稼動はしているようです。 進駐軍の線路は相変わらず、さび付いており、平和な時代が続いている事を実感します。 

3線軌道
参線軌道
Location:KEERC Mutsuura station
Date:2008/09/06


3線軌道終端部
参線軌道
Location:KEERC Jinmuji station
Date:2008/09/06



  1. 2008/09/07(日) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

絶滅危惧種 石油タンク車

この貨物車両も「絶滅危惧種」扱いでしょうか。 何処の線区でも比較的容易に確認することが可能でしたが、今となっては見かけることが少なくなりました。 これだけ大量のタンク車群を一度に見られるだけでも貴重です。 構内近くを鉄道から道路輸送に転換したタンクローリーが引っ切り無しに行き来する姿を見ることが出来ます。 これも「モーダルシフト」かな・・・。 輸送のための燃料代があれだけあがっても充分に道路輸送の方がペイできるそうです。 どんだけ鉄道輸送のコストは高いのでしょうか・・・。



Location:Anzen Station
Date:2008/06/01


  1. 2008/09/06(土) 00:00:00|
  2. EJRC

頑張る201系青梅特別快速

西武国分寺駅で列車待ちをしていると、東日本旅客鉄道(株)中央線を見慣れた201系が発車していきました。 最近東京駅で見かける頻度が落ちていたのですが、こちらで稼動していたのですね。 暫くは元気な姿を見ることが出来そうです。


Location:Seibu Kokubunji terminal
Date:2008/08/31

  1. 2008/09/05(金) 00:00:00|
  2. EJRC

いまさら禁煙マーク

西武鉄道の特急券には全車禁煙にもかかわらず、態態「禁煙マーク」が記載されていました。昔からの名残なのか、それとも乗客のマナーが悪く切符でPRしているのでしょうか・・・。 大したことではないのですが、インク代がもったいなあと感じてしまいます。

禁煙マーク



Location:SeibuChichibu terminal
Date:208/08/31



  1. 2008/09/04(木) 00:00:00|
  2. その他民鉄

企業努力の跡

京急のEJRC品川駅に向けた壁に誇らしげに書かれた羽田駅までの到達時間。 昔はもっと掛かっていたよなあ、と思うと「4」の裏に過去の時間が残っていました。 きっとわざと残しているのでしょう。 京急社員の努力の賜物だと思います。 京急蒲田での神業とも思える列車運行を見ていると当然の帰結です。 京急蒲田の高架化により更に短くなるのでしょうか。 高架化の完成が待たれます。






Location:EJRC Shinagawa station
Dat:2008/08/31


  1. 2008/09/03(水) 00:00:00|
  2. その他民鉄

何か?

ご婦人に見つめられている「行き先案内板」。 これは旧国鉄時代の様式のもので、何故か南武支線はこの様式が残っています。 きっと、ご婦人も「懐かしいわね。」と思っていたりするのかもしれません。

行き先案内板
Date:Unknown
  1. 2008/09/02(火) 00:00:00|
  2. EJRC

吾野鉱山引込み線跡

西武鉄道秩父線の吾野駅の西武秩父方に強大な貨車積み込み施設が残ります。 現在は使われている痕跡はありませんが、鉱山自体は操業している模様です。 貨物輸送が盛んだった頃を偲ぶには最適な遺構となっています。 撮影は吾野第一踏切道からの撮影です。 みだりに線路内や鉱業所内に入ってはいけません。


吾野

吾野

Location:Near Agano station
Date:2008/08/31


  1. 2008/09/01(月) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

プロフィール

Author:太郎おじさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

Site Meter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。