気ままにスナップ

関東を中心とした、気ままに撮影した鉄道写真と話題を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜が綺麗でしょう・・・。

古風な内陸線角館駅(待合室)と見事な枝垂れ桜。 丸い郵便ポストと上手くマッチしています。 満開の桜を見てみたいものです。 地元の方は厳しい冬を越したからこそ、その姿に感動するのでしょう。



Location:Kakunodate terminal
Date:2009/10/17


スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 00:00:00|
  2. その他民鉄

280円の入場券は無いけれど・・・。

入場券が2時間という制限付きということが書かれているのは良く見かけますが、4時間まで記載されているのは始めて見ました。 実際にこのような場所でそんなに滞在する人がいるのでしょうか? 



Location:Oga terminal
Date:2009/10/18


  1. 2009/10/30(金) 00:00:00|
  2. EJRC

参道は踏切道

開業時の路線決定の苦労が伝わってくる場所です。 京浜急行のような路線にも寺院の境内?を横切る所があったとは驚きです。 乗車していると一瞬ですので気が付かないのが普通かも知れません。



Location:Near Namamugi station
Date:2009/09/19


  1. 2009/10/29(木) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

貴重な民鉄乗り入れ特急

旅客鉄道会社が民鉄に乗り入れることが少なくなった昨今では、貴重な特急列車です。 車両の老朽化が目立ちますが、少なくなった旧国鉄形としてもうひと踏ん張りでしょうか・・・。





Loation:Tokyo terminal
Date:2009/09/23


  1. 2009/10/28(水) 00:00:00|
  2. EJRC

需要は無いの?

表示は新幹線用のものかと思われますが、この区間では在来線を標準軌に改軌した区間です。 普通列車があってもよさそうですが、現実はそうではありません。 需要が無いから列車が無いのか、無いから需要が無いのか、表は華やかですが、どうりで駅前が閑散としている理由が分かりました。



Location:Kakunodate station
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/27(火) 00:00:00|
  2. EJRC

うれしい案内

内陸線角館駅には観光路線らしい、うれしい案内が掲示されていました。 比立内、萱草の紅葉名所では徐行運転ですばらしい景観を楽しむことが出来ました。



Location:Kakunodate terminal
Date:2009/10/17



Location:Near Hitachinai station
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/26(月) 00:00:00|
  2. その他民鉄

懐かしい風景

久し振りに懐かしい風景を見ることが出来ました。 (IC乗車券)端末のない風景です。 この駅も、「かえる君」が導入され、非IT化人間には優しくない冷たい駅へと変貌していました。



Location:Oga terminal
Date:2009/10/18


  1. 2009/10/25(日) 00:00:00|
  2. EJRC

鈴ヶ森駅跡

多分この辺りなのかな?と、いつも疑問に思いつつ明快な答えは出てきません。 地元の古老に聞くことも適わぬようです。 近くの刑場の方々に聞くわけにも行きますまい・・・。

近くの歩道橋から駅跡方面


旧駅傍は歴史的刑場遺跡

Near:Omorikaigan station



  1. 2009/10/24(土) 00:00:00|
  2. 京浜急行電鉄

何処かで見かけた自動販売機

内陸線角館駅に設置されていた切符の自動販売機です。 この形式の自動販売機は何処かで見た事のある販売機と同じような形でした。 販売機は「急行券」の販売SWがあるところが凄い所でしょうか・・・。



Location:Kakunodate terminal
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/23(金) 00:00:00|
  2. その他民鉄

内陸線 トコトコみのり号角館方ヘッドマーク

秋田縦貫鉄道内陸線の「トコトコみのり号」の角館方に掲げられた木製のヘッドマーク。 車両も内陸線にのこる旧塗装車です。 この新潟鐵工所製車両の内装は、廃止された鹿島鉄道のものとほぼ同じで座っていると鉾田線を思い出します。 一寸早めに入場し撮影を終えると、どっと団体の方や一般の乗客で空いていた座席も埋まってしまいました。 地元の方に愛される鉄道です。




Location:Kakunodate terminal
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/22(木) 00:00:00|
  2. その他民鉄

日本で唯一?手彫りのヘッドマーク

秋田内陸線で10/17,18の両日運行された、「トコトコみのり号」の鷹巣方に掲げられたヘッドマークは大変珍しい手彫りのものでした。 角館方にもヘッドマークが付いていましたがこちらも毛筆の木製。 角館駅で撮影時に車掌さんに当該ヘッドマークの件を教えて頂きました。 角館駅では先頭車両がホームから外れてしまい撮影できませんが、途中の阿仁合駅の列車交換時に撮影が可能です。 今年が全通20周年となります。



Location:Aniai station
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/21(水) 00:00:00|
  2. その他民鉄

もりよし1号に鉄道の日記念ヘッドマーク

秋田内陸線の急行もりよし1号に「鉄道の日」のヘッドマークが掲げられて運行されていました。 私の乗車したトコトコみのり号にも「みのり」ヘッドマークが掲げられていましたので、上下3両編成同志の列車交換となりました。 通常、急行列車も2両編成ですが、中間に1両増結しての3両編成。 こういったイベント列車にはファンが群がるのですが、この線区では殆ど見られず、落ち着いた雰囲気で鉄道の旅を満喫できます。 

Akitanairiku Line Train #2001D

Location:Hitachinai station
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/20(火) 00:00:00|
  2. その他民鉄

「ないりっくん」田んぼアート

掲載したのは秋田内陸縦貫鉄道内陸線の「ないりっくん」田んぼアートの最後の1枚。 区間は角館駅~羽後太田駅で、今回乗車した「トコトコみのり号」(112D)ではこの区間で運転徐行をして見せて頂きました。 同じようなアートが全部で3枚ほど植え付けられたとの事です。 デザインもなかなかで、写真よりも実際に乗車して見てもらう方が迫力があるでしょう。 地元の方の応援度のレベルが違うことを示してくれています。 鉄道の応援が鉄道ファン等の一部のものに偏った薄っぺらいものでは無く、地元の方々に浸透していることが分かります。 「トコトコみのり号」も団体客を含め3両の車輌が満員と賑やかなものでした。 

View from Train #112D

Location:Akitanairiku Line
Date:2009/10/17


  1. 2009/10/19(月) 00:00:00|
  2. その他民鉄

閉じられた地上への出口または入り口

西馬込駅から都営地下鉄旧馬込検修場への出口付近の現況です。 アスファルトで固められた連絡線跡が往時を忍ばせてくれます。 コンクリートで固められた奥はどうなっているのでしょうか・・・。







  1. 2009/10/18(日) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

昼間の無人は貴重です

なんの変哲も無い写真です。 でも、人手が半端でないこの地では、昼間に駅の入り口付近が無人になるのは貴重な瞬間かもしれません。



Location:Roppongi station

  1. 2009/10/17(土) 00:00:00|
  2. その他

振り出し

地下鉄の駅に番号が付いていますが、どれほどの方が認識していますでしょうか? ましてやその最初番号が何処から始まるなんて・・・、たぶん誰も気にしていないんじゃないかなあ~。 西馬込から始まります。



Location:TMG Nishimagome station

  1. 2009/10/16(金) 00:00:00|
  2. その他

まだまだ現役

上野駅への乗り入れはなくなりましたが、まだまだ現役のようです。 兄弟?機の209系も同様に地方へ配転されて行く模様。



Location:Mito station

  1. 2009/10/15(木) 00:00:00|
  2. EJRC

幻になってしまいました。

散歩がてらに撮った一枚です。 なんとなく胸騒ぎがして・・・、記念にと思ったのがいけなかったのでしょうか? 不安は的中してしまいました。



Location:Near Tachiaigawa station

  1. 2009/10/14(水) 00:00:00|
  2. その他

踏切位置表示の違い

同じ会社でありながら線区によって踏切の位置表示は異なります。 良く言えば、過去の伝統を維持している。 悪く言えば、統一性がとれていない・・・。 どっちなんでしょうね。

東海道線


水戸線



  1. 2009/10/13(火) 00:00:00|
  2. EJRC

不思議な砂利

東京駅に存在する何の変りもない一般的なキロポストです。 でもなぜかこの周辺だけ「砂利」が残されています。 路床もコンクリート化されていて砂利を残す必要性は感じられませんが・・・・。



Location:Tokyo terminal


  1. 2009/10/12(月) 00:00:00|
  2. EJRC

似ている様で似ていない

最近の民鉄の車輌は種類が多様です。 走行している線路名が違えど似たような車輌が走ってくると一瞬自分のいる場所が分からなくなります。



Location:Horikirishobuen station



Location:Omorikaigan station

  1. 2009/10/11(日) 00:00:00|
  2. その他民鉄

Sky Tower と東武特急「りょうもう」

首都高向島線を走る高速バスからのスナップです。 偶然ですが、保護ネットの向こうに東武の特急が姿を見せてくれました。 Sky Tower どんどん高くなります。 車窓から見る成長が楽しみです。


Location:Near Tobu Asakusa terminal
Date:2009/10/02


  1. 2009/10/10(土) 00:00:00|
  2. 未分類

白昼堂々・・・。

東京駅で白昼堂々白煙を吐いていました。 全体の排出量から見れば微々たる物かも知れませんね。



Location:Tokyo terminal
Date:2009/09/23


  1. 2009/10/09(金) 00:00:00|
  2. EJRC

列車種は様々あれど

京成電車のスピード表示はシンプルなようです。 相互乗り入れで列車種類名も様々です。



Location:Machiya station
Date:2009/09/26


  1. 2009/10/08(木) 00:00:00|
  2. その他

モノレールは電車扱い

モノレールも電車の一種なのだそうです・・・。





Location:Seibijyo station
Date:2009/09/26


  1. 2009/10/07(水) 00:00:00|
  2. その他

本当の方向幕

TMGの荒川車庫公開で展示されていた方向幕です。 よくぞ保存していたものだと関心しました。 たった1系統のみ残りましたが、伝統は確かに受け継がれているようです。

展示された布製方向幕

Location:Arakawa shop
Date:2009/09/27


  1. 2009/10/06(火) 00:00:00|
  2. その他

東京都交通局馬込車両検修場跡地 その2/2

巨大な門扉のみが遺構として残存しています。 綺麗に整地された跡地を見る限り、ここに鉄路があったことを創造することは出来ないかもしれません。 ゲージの幅も違いますが、奥に見える横須賀線との連携も考えられていたのでしょうか・・・。 現在は某学園の敷地となっているようです。 少子化のなかで旨味のあるとは思えない教育産業ですが、跡地の利用方法には目が離せないでしょう。

門扉が印象的


土地の所有権は移転された模様

Location:Near TMG Nishimagome terminal
Date:2009/09/27


  1. 2009/10/05(月) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

貴重な専用車

かつて常磐線にあった「出荷組合指定車」がこちらでは別名ですが、存続しているようです。 京成では各駅に似たような表示があるので、一般的な物なのでしょう。 何時までも残って欲しい庶民の風俗です。



Location:Machiya station
Date:2009/09/27



  1. 2009/10/04(日) 00:00:00|
  2. その他

東京都交通局馬込車両検修場跡地 その1/2

この場所が稼動している時代に訪問した記憶はありません。 地元の方には申し訳ないですが、地下鉄の端末駅に当時は特段の用は無かったわけです。 それは現在でも似た様なものかもしれません。 風の噂に都会に廃線跡があるというので出かけてみました。 西馬込駅を下車して、目的地を探索・・・。 大げさでも無く、極めて容易に見つけることが出来ました。 地方では、土に帰るというか廃線で線路が撤去されると草木が繁茂し、廃線跡を探索するのは容易ではありません。 しかし、都会ではその跡がくっきり分かります。 まあ、廃線探索の難易度はランクがつけようが無いほど簡単。 人家があるか無いかの違いです。

地下部から地上に出てくる連絡線の跡地
遠方に新幹線や横須賀線等が見えます。


砂利が確認できます


この辺りは未だ売却されていない模様

Location:Near TMG Nishimagome terminal
Date:2009/09/27


  1. 2009/10/03(土) 00:00:00|
  2. 廃線遺構

モノ子誕生?

「鉄子」が一般的になりつつあるようですが、あまり人気の無いモノレールにカメラを向ける女性の方も増えつつあるようです。 この日も某駅での久し振りの撮影を終え帰ろうと後ろを振り返るとカメラをもった女性の方と目線があって吃驚。 モノ子の誕生・・・でしょうか。 会釈した笑顔が素敵な方でした・・・。

For Haneda Airport


For Hamamatsucho

Location:Seibijyo station
Date:2009/09/26


  1. 2009/10/02(金) 00:00:00|
  2. その他
次のページ

プロフィール

太郎おじさん

Author:太郎おじさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

Site Meter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。